大規模修繕の見積もりと計画書を作成してみよう
ロゴ

大規模修繕の見積もりと計画書から分かる建物の劣化度合い

大規模修繕の見積もりと計画書を作成してみよう

工事現場

大規模修繕を行う周期とは

大規模修繕は10年から12年の周期で行われるのが一般的です。ですが、模修繕の見積もりを出してもらって、予算が足りない場合は、計画書通りに進める必要はありません。緊急性の高さから工事をする場所を決めていくのもいいでしょう。

見積もりを出す前に調べましょう

大規模修繕の見積もりをお願いする際に、建物の現況を把握しておくことが大切です。建物や設備の劣化度合いを確認し、必要性、緊急性をランク付けすることで、必ず修繕しなくてはいけない場所、予算に見合った修繕を行うことができます。

見積もりで予算不足が判明した際の対処を比較

必要性や緊急性が高い場所から少しずつ

大規模修繕の予算は、簡単に集められるものではありません。見積もりが予算より大きい場合、劣化度合いによって優先順位を付けて、限られた予算で必要な箇所の工事を行うのも良い方法といえます。そうすれば、放置する事にはならないので少しずつ悪いところを直していけるでしょう。

工事の先延ばしを行い後日大規模修繕

大規模修繕の周期は10年から12年と言われていますが、必ずしもその通りに行う必要はありません。見積もりと計画書を見直し、工事業者に延期が出来るか確認しましょう。ただし、緊急性が必要な箇所があるときは、計画を見直す必要がありそうです。

広告募集中