設計管理で分かる建設業界の仕組みや関係性
ロゴ

建設業界の仕組みを知ることで設計管理の大切さを学ぶ

設計管理とは一体どんなことを管理するのか

設計管理とは、設計図面を作製したり、現場において、図面通りに施工されているか管理する事を指しています。建物の調査や工事の契約業務も行うことができます。

施工管理と設計監理の違いを比較してみよう

品質管理や現場の安全計画を立てる「施工管理」

建設現場において、工程管理や品質管理を行うのが施工管理です。また、直接現場で指揮や監督を務めることによって、発注者との打ち合わせ、現場の安全管理も担っています。

設計仕様や図面通りの施工かを監理する「設計管理」

設計者が起こした図面を確認し、図面通りに施工が行われているかを、監理するのが設計管理です。試験立会や現場での打ち合わせを行い、進捗状況の確認を行うのも仕事です。

設計管理で分かる建設業界の仕組みや関係性

メンズ

管理組合はなぜ必要なのか

建物や敷地の管理を行うために、区分所所有者で設立された団体が、管理組合と呼ばれ、管理会社や設計事務所に、建物の修繕などを依頼しています。また、所有者からの意見を業者に伝えるのも、管理組合が行なっています。

業者にお願いする設計管理方式とは

管理組合は、管理会社へ大規模修繕工事の計画から実施までをお願いすることができます。なぜなら、工事の内容や予算などは、管理組合では確認することができません。そのため、設計事務所に建物調査から工事監理までの資料を作製し、提供してもらうのです。それを、設計管理方式と言います。

設計管理方式が必要とされる意味

管理会社とは別に設計事務所に依頼し、計画書や調査を行ってもらうことにより、必要とされる工事内容を、客観的に見極めることができます。また、専門家によって工事内容を見定めてもらうことができます。

勉強会に参加したお客さんからもらった声

設計管理や大規模修繕の事を知りました

今回のような内容の勉強会に初めて参加しました。今までは管理会社に丸投げと言う形を取っていましたが、この勉強会でそれが危ないと知りました。きちんと仕組みを理解して、今後の参考にさせていただきます。

広告募集中